恋人とバンクーバー&ビクトリア旅行 その5

やっと完結〜〜
ということで全部書くのに半年以上かかっていますが最終回です!笑

前回の記事!

Sponsored Link

この日はビクトリアデー!

朝はサンドイッチを家で作って食べ、出発。
この日はブッチャートガーデンへ行くことを予定していました。
何と言っても観光地なので土日は避けたほうがいいだろうと思っていたのですが、この日2018年5月21日月曜日は「ビクトリアデー」というビクトリアの祝日。ダウンタウンの一部道路は閉鎖され大々的にパレードが行われていました。

以前一緒にバンクーバー&ロッキーマウンテン旅行した韓国人の友人もパレードを見に来ていて鉢合わせしました 笑

とりあえずバスは機能しているみたいだったので、無事ブッチャートガーデンへ向かうことに成功。
混雑を避けようと思って月曜日にしたのに祝日だったのは誤算だったな。

ダウンタウン〜ブッチャートガーデンの行き帰りのバスは本数がそれほど多くなく1時間単位だったりするので、事前に帰りのバスの時間を決めてから早足で回ることにしました。

ブッチャートガーデン

ビクトリアで最も有名といってもいい観光地「ブッチャートガーデン」ですが、長くこのブログを読んでいただいてる方はご存知の通り、僕は一度訪れたことがあります。

前回は一眼レフを持ち歩きましたが今回はスマホ(iPhone)のみ 笑
祝日ではありましたが、観光シーズンというわけでもなく祝日の恩恵があるのもビクトリアの人々だけなので混雑はそれほどでゆっくり見て回ることができました。


花をほとんど撮っていなくてビビる。


5月でしたがいい感じに暑く、ジェラートを買ってステージ前の芝生に座って食べました。お日様ポカポカで健康になれそう。
ジェラートはいろんなフレーバーがあって試食もしたんだけど結局何買ったか忘れた。


混んでなかったのでスッと回れたし、お土産をちょっと見た後はバスでダウンタウンへ帰ります。

パブリックマーケット

シティホール付近のバス停で降りて「パブリックマーケット」へ。

ビクトリアの人たちにしてみれば珍しくもなんともない場所ですが、ガイドブックなどにも載っているフードコート/グロサリーです。


「なんか食べたいねぇ」と寄ったのですが、イマイチ決め手に欠けたので今回はふらふらしただけに終わりました。

ダウンタウン散策&ホットドッグ

晩御飯食べるには早いけどちょこっと空腹を紛らわせたい僕らは、ガバメントストリートのDog Gone Itというホットドッグ&アイスクリームのお店へ。
シンプルなホットドッグを買いました。

インナーハーバーが目の前という好立地でしたが、今調べたところ閉店してしまったみたいです。
ワーホリの人を受け入れているのか、日本人のスタッフもいました。

その後は恋人の希望でセブンイレブンに入ってみたり(海外のコンビニの品揃えが気になったらしい)お土産を眺めたりしました。


ビクトリアはウォールアートが盛んで、いわゆるインスタ映えする壁があちこちにあるので楽しそうに写真を撮っていました。

とある駐車場の料金マシーンの側面にこんな張り紙(「妖精の扉」)があり、

下を見ると・・・


ミニチュアのドアが。

ドアの前は駐車禁止の看板もあって芸がこまかい・・・。

THE KEGでディナー

恋人はビクトリアで最後の晩餐ということで、「THE KEG」というチェーンのステーキハウスへ行きました。

カナダのノースバンクバー発のステーキハウスですが、アメリカにも数店舗あるそうです。


めちゃくちゃウマいパン。



熟成肉のステーキと、あと何だったか忘れましたが、肉です(間違いない)

「絶対食べるの大変だろうな(量的に)」と思っていたのでサラダや前菜系は頼まずにステーキと添え野菜(とポテト)をひたすら楽しみましたが、十分なボリュームですぐお腹いっぱいになりました。
お値段はそれなりですがカジュアルな服装でも全然入れたし、客層もファミリーが結構いました。

お店を出た頃まだ外は明るかったので、恋人の最後のお買い物ということでショッパーズドラッグストアへ。
職場へのお土産のスナック菓子や、可愛い柄のお皿やコップなどを買っていました。
そしてここでも元語学学校の友達(日本人)と鉢合わせるなどをしました。


帰り道で寄って来たねこ。

翌朝:帰国日

そんなこんなであっという間に帰国日。
約1週間のアメリカ(カリフォルニア)&カナダ(バンクーバー滞在)でした。
(カリフォルニア旅行は別サイトで記事にしています)

朝それなりに早い時間に起床し、バスでフェリー乗り場へ。
そしてフェリーでバンクーバー国際空港へと向かいます。

バス〜フェリー〜BridgePort駅までの間、偶然一緒になった3〜4歳くらいの女の子とそのお母さんがずっとコミニュケーションとってくれていて、恋人も英語できない割にすごく楽しそうにしていて、思わぬところでいい思い出ができました。女の子めっちゃ可愛かった。

フェリーでの恋人。

フェリーではベーグル食べたり、空港ではサブウェイ食べたりお土産屋さん回ったりして最後の時間を過ごします。
次に会うのは帰国してから。


さらば!

僕が日本を飛び出した頃はまさかこっちまで遊びに来てくれるとは思っても見なかったので、本当にいい思い出になりました。
楽しい1週間でした。

ビクトリアに帰る前にスシ食ってやったぜ。


この量で¥2,500くらいするので、やっぱり贅沢品だよなぁ〜。

ランキング参加中です!
気に入った方はClickお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


Sponsored Link



















返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA