カナダワーホリ申請進捗状況!

留学カテゴリと別にカナダワーホリカテゴリを作りました。

この記事の続きです。

前回は「pool」(ワーホリ応募者待機リスト)の申請までしていたのですが、
あれから1ヶ月弱、12月6日(カナダ時間の12月5日)に、次のステップの申請ができる「Invitation」(招待メール)が届きました。

Sponsored Link

Invitation

「Invitation」が届くと10日以内にログインして確認が必要となり、確認を終えると20日以内に英文履歴書やパスポートのスキャンなどを用意して「Work Permit」の申請をする必要があります。

今回も前回と同様、必要書類や記入事項などは「ワーホリシロップ」さんを参考にさせていただきました!

前回の続きのような記入事項を入力して、必要書類や写真をアップロードして、最後にクレジットカードで申請料を支払えばおしまい。

CAD$226(¥19500くらい)でした。

申請が完了するとこのようなメッセージが届きます。

あとは待つのみ・・・
のようですが、もし書類不備などがあると再申請が必要になるみたいでまだまだ気が抜けません。
再申請になったらお金はどうなるんだろう・・・。

また報告します!!

その後

(追記)実際にワーホリ決定しました(記事一本化しました)

12月8日に前回のような二次申請をして、12月14日に届いてました。

これにて無事ワーホリ許可ゲットです。

前回の招待メールなどもそうですが、スマホからだと名前の部分や期限などの日付けが出てこないみたいなので、PCで表示してプリントアウトする必要があるみたいです。

あとはカナダ入国時にこれを入国審査官に見せればワーホリビザゲットです!

追記:カナダ入国してから気づいた周囲の動向

僕はワーホリビザで入国してから語学学校に通い始めたわけですが、それには理由があって、
「金銭的な余裕が欲しいので、できることなら学校に行きながらバイトもしたい」というのがありました。

実際に働き始めたのが学校が終わる数日前だったので、まぁ意味はあったのかなとは思いますが、ワーホリビザは期限が1年しかなく人生で1つの国に対して一回しか使えないという諸刃の剣(?)でもあります。
なので、周囲のワーホリの人たちを見てみると、やっぱり「学生ビザで1年留学」または「観光ビザで半年留学」(カナダは観光ビザでも最大6ヶ月は修学可能)をしてからワーホリビザに切り替える方がかなり多かったです。

ワーホリビザで学校に行きながら夜はバイト、という感じの人とは出会わなかった(自分の狭いコミュニティの中での話なので、一つの意見として聞いてください)ので、「みんなお金に余裕があるんだなぁ、、、」と思っていました。

僕は3ヶ月語学学校に通ったわけですが、できることなら6ヶ月くらいは通いたかったな、というのが本音です。
3ヶ月では全然足りないと、ネイティブ環境の職場で働きながらひしひしと感じさせられます。

関連記事

ランキング参加中です!
気に入った方はClickお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


Sponsored Link



















返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA