トランプ大統領によるアメリカ留学への影響は?


画像:zcool.com.cn

こんにちは、ALです。

先日11月9日にアメリカ大統領選でドナルド・トランプ氏が当選しましたね。

当初のカリフォルニア留学予定から、いよいよカナダ留学への転換を考えるべき案件になってきました。

なぜドナルド・トランプが大統領になったのか?
は、ひとまず置いておいて(僕にわかるわけがないし)

アメリカ留学・留学生への影響を考えてみました。

Sponsored Link

1.ビザの許可が下りづらくなる

トランプ大統領はその過激な発言から、当初から差別主義者として話題になっていました。
「メキシコ国境に壁を作る」「イスラム教徒を排除する」などです。

アメリカは他民族国家で、誰でも夢が掴めるアメリカン・ドリームなどという言葉もありますが、
一方でそのアメリカン・ドリームを目指して入国してきた外国人・移民たちに、本来アメリカ人たちがするべき仕事を奪われてきたという事実もあります。
リーマン・ショックなどで失業者も増え、景気が悪く自分たちは仕事も収入もないのに、不法移民たちが仕事を奪っていく。
アメリカにワーキングホリデーがないのはそのためです。
数ヶ月の留学ビザを得るためだけでも、アメリカ大使館に行って本人による面談がないと下りない、銀行の残高証明やレポートがないといけないようになっています。
アメリカの入国審査かなり厳しいうえに、正式に永住権を得た人も刑務所の尋問のような厳しい手続きを受けたと聞いたことがあります。
それだけ、違法な手続きでアメリカに移住しようという人が多いということでしょう。

ドナルド・トランプは不景気にとどめを刺した原因を不法移民たちに押し付けることで支持を集めていました。
そんなトランプ氏が大統領に選ばれたということは、やはりアメリカ市民にも同じように「自分たちが貧しいのは移民のせいだ」と考える人が少なくないということかと思います。

そうなれば、留学ビザの発行や入国審査は今以上に厳しくなってしまう可能性は少なくありません。
主にターゲットにされているのはメキシコ人やイスラム教徒ですが、日本人だから大丈夫、なんてことはないでしょう。

おそらくトランプ氏を痛烈に批判する意図が含まれているディズニー映画「ズートピア」もオススメです。
「誰もが何にでもなれる街ズートピア」はまさに「アメリカの縮図」として描かれています。
人種差別を批判するこの映画が大ヒットするアメリカと、人種差別発言を繰り返すトランプ氏が大統領になるアメリカ。。。同じ国なのがすごいです。アメリカ流の本音と建前。

ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 価格   ¥ 3,159 ¥ 4,320
  • 販売者 Amazon.co.jp
Check This Product

2、円高になって観光・生活しやすくなる?

開票日、ドル/円は一時101円台まで急落しましたね。

「ヒラリーが大統領になるだろう」というのが、(アメリカも含め)全世界での圧倒的な予想でしたので、
トランプが優勢になった途端、「トランプが大統領になったらドルの価値が下がる!!急いで売らなきゃ!!」と考えた米国以外の人々が一気にドルを売り、安全通貨として認識されてる円を買ったため、一気にドルが3円近く値を落としました。

「ヒラリーが大統領になったらドルの価値が上がる」
「トランプが大統領になったらドルの価値が下がる」
というのが、株やfxをやっている人たちの大半の意見でしたが、
開票が終わりトランプが大統領に選ばれアメリカの夜があけると、ドルの価値はみるみる上がっていきました。

アメリカ大統領として、トランプが国民に受け入れられたということでドルに勢いがついたのだと思います。
自分たちで選んだ大統領なのだから当然です。
今現在はドル/円106円後半で、7月以来の高値だそうです。

今後、政治家としてはど素人のトランプ大統領の政治の手腕によって、価値が上がったり下がったりするわけですが、
元敏腕経営者とはいえ、彼にとって初の政治経験がこの大統領就任なわけで、うまくはいかないだろうというのが大勢です。

最初は勢いでじわじわドルが上がって行っても、
そのうちボロが出て円高になるのでは?という見方をする人が多いですね。

僕は断言できませんが!笑

とにかく、これからアメリカに行く予定の留学生には波乱の大統領選だったと思います。
カナダの移民局サイトのサーバーがパンクするとばっちりも受けたようで、カナダワーホリの希望者がぐんと増えてしまう可能性もあるので、単純に「カナダ留学に変更するから大丈夫」という話でもなさそうです。
そもそも留学希望者が増えて留学できないとか、ワーホリしにきたはいいけど移民がいっぱいでもう仕事が見つからないとか、ありそうな話です。
最悪なのはカナダもアメリカと同じような方向に行ってしまう可能性ですよね。

まだまだ不安は残りますが、今は前向きにやれることをやるだけです。

関連記事

ランキング参加中です!
気に入った方はClickお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


Sponsored Link



















返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA