ビクトリアのおすすめホステル「HI-Victoria」に泊まった時の話。

ビクトリア到着した際、最初からルームシェアで計画していたので、家探しまで時間がかかることを考慮して「HI-Victoria」というホステルを予約していました。

一応予約は4日間かな?結果的には1泊2日しかしなかったのですが、なかなか良かったのでご紹介したいと思います。
こんかいは全くトラブルもなく、「これが本来のホステルだよなぁ」という感じ。再確認。

トラブルがあった時の話を読みたい人はこちら

ちなみに予約自体は日本を出てから、アメリカでしました 笑

Sponsored Link

ビクトリア空港からダウンタウンへ

ちょうど2ヶ月前の2017年8月5日のお話です。
バンクーバーからの乗り継ぎに失敗した僕がビクトリアに到着したのは23時になるちょっと前でした。

ビクトリア国際空港はダウンタウンより北、サニーチ(Saanich)に位置している小さな空港で、近くにはシドニー(SIDNEY、オーストラリアのSYDNEYとは別)という小さな街があります。
以前紹介したブッチャート・ガーデンよりも北に位置します。

今回宿泊したHI-Victoriaはダウンタウンにあるので、空港からダウンタウンまで移動する必要がありました。
本来なら16時ごろに到着していて、サポートを依頼していたエージェントにピックアップしてもらうはずだったのですが、飛行機が遅れたためにピックアップができず自力でたどり着く必要がありました。
空港からはバスも出ているのですが、23時ごろで時間も遅く、スーツケース2個という大荷物だったのもあり、ちょっと高いけどタクシーを利用しました。50ドルくらいかな?ちなみにメーター制です。

スマホでホステルの住所を見せて問題なく乗れました。

ホステルについてから運転手さんに「荷物運んであげようか?」って言われたけどすこしチップを減らしたかったのもあって「自分でやるよ、ありがとう」と断りました。いい運転手さん、ケチな俺。

夜。

HI-Victoriaはダウンタウンのかなりアクセスの良い場所にあります。周辺はちょっと汚くはありますが、レストランもたくさんある賑やかな場所です。まぁ到着したのが遅かったので一刻も早く休みたい気持ちで、サタデーナイトの街の賑やかさには目もくれずチェックインしました。

入ってすぐにカウンターがあり、そこでチェックインします。アメックスは使えませんでした。
男女の寝泊まりの部屋はきっちり分かれており、男性の宿泊スペースは3階にあるのですが、エレベーターはないのでスーツケースを自力で持って上がる必要があります。
(こういうところに泊まる人はだいたいバックパッカーなのでスーツケース持ってる人は少ない)

このホステルを選んだ理由として、やはり予約サイトの評価が良かったのと、値段が安かったのと、写真で他のホステルと見比べたところ、一番でかいロッカーがあったというのが理由です。
なんせスーツケースがでかいので、できればスーツケースが入るものにしたいと思っていたので。

結果として、持ってきたスーツケースが両方入るような大きさのロッカーでした!
しかしながら指定されたロッカーが2段あるうちの上の段だったために、かなりの重量のスーツケースを持ち上げる必要があったことと、
鍵をかけようと思ったら、鍵が小さすぎてロッカーの錠のところに引っかからなかったことで、
結局「スーツケース自体に鍵掛けときゃいけるやろ」という判断で、邪魔にならないところに出しておくことにしました。

飛行機に乗れなかったことによる精神的ダメージと、重量のあるスーツケースを3階まで持って上がった疲れでヘトヘトだったため、ベッドにたどり着いたらすぐに寝ることにしました。

部屋は普通のホステルみたいに小さな4部屋のようなタイプではなく、3〜40人ほどが一つの部屋に寝泊まりする感じで、まるで合宿所のようでした。
結構面白いので、気になる方は泊まってみてください。

ホステルツアー

次の日の朝は早めに起きてシャワーを浴びました。
ベッドが置いてある大部屋と、シャワールーム、トイレは併設されているような感じです。
僕は気になりませんでしたが、寝てる時ちょっとシャワーの音とか気になったりするかも。

朝起きてからちょっとだけホステルの中をウロウロしました。

3階は男性宿泊スペースで、2階はラウンジのようになっています。

PCスペース。

映画が観れるシアタールーム。

ビリヤード台もあります。

1階に降りるとキッチンスペースがあって、自分で材料を買ってきて作ることができます。
これもホステルでは一般的ですね。

一通り設備は揃ってます。

食事スペースはこんな感じです。

サイクリングの盛んなビクトリアらしく、自転車置き場もあります。

レンタルしてるような感じでもなかったし、どっから持ってくるんだろう、、、

その後

その後はアポイントを取っていたシェアハウスのオーナーと会い、その日のうちに部屋を決めてしまったので、結局一泊だけしかせず、残りの日数分を返金してもらいました。
クレジットで払ったので、ホステルのオーナーみたいな人が機械の説明書取り出してめんどくさそうだったのでちょっと申し訳なかった。

一泊しかしてないのであれですが、総合的にかなり過ごしやすいホステルだったと思います。
ビクトリアの他のホステルをしらないんでアレですが、安いしオススメなのでぜひ泊まってみてください。

Booking.com で検索する!

『トリバゴ』 で検索する!

ランキング参加中です!
気に入った方はClickお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


Sponsored Link



















返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA