バンクーバーにあって、ビクトリアにないもの。

こんにちは、ALです。
9月になりましたね。いよいよこれからビクトリアも寒くなっていくのでしょうか。
ビクトリアの冬といえば雨、、、と散々聞かされています。
基本的に優しく陽気なビクトリアの人たちですが、到着してすぐに受けた留学エージェントの市内散策ツアーの際に「雨が多いのでそれで気分も落ち込んで仕事に来なくなる人もいる」という話も聞きました。いろいろあるんですね、、、

Sponsored Link

どうしてビクトリアに決めたのか。

話は変わって。
僕はなにかの縁でビクトリアに留学しているのですが、ビクトリアに決めた理由はいくつかあります。

  • 日本人が少ないと聞いていた
  • 「バンクーバー」や「トロント」という聞いたことある街よりも珍しい街に住みたかった
  • 西海岸でアメリカにも近く、気軽にディズニーランド(アナハイム)に行けそうだから
  • カナダの中でも比較的温暖な街だから

こんな感じですね。

まずひとつめの

  • 日本人が少ないと聞いていた

ですが、これは嘘です。断言します。

めちゃくちゃ日本人います。韓国人も中国人も台湾人も。
きっと「(バンクーバーよりも)日本人が少ない」というだけです。実際にバンクーバーで過ごしたわけではないのでわかりませんが、ビクトリアのような小さな町でも、ふらっとダウンタウンを歩いていて日本語が聞こえなかった日はありません。

これから9月で、夏休みも終わるので多少は落ち着いてくるかもしれませんが、僕が通っている語学学校でも日本人はかなりいますので、「日本人が少ないこと」を期待してくるのは間違いです。

二つ目、

  • 「バンクーバー」や「トロント」という聞いたことある街よりも珍しい街に住みたかった

これはそのまま。ビクトリアって聞いてピンとくる人はかなり海外旅行とかが好きな人だと思います。

三つ目、

  • 西海岸でアメリカにも近く、気軽にディズニーランド(アナハイム)に行けそうだから

考えが甘い。
バンクーバーに行くことすら一苦労です。アメリカはシアトルなら気軽に行けますが、さすがにそれ以外の都市で気軽に、とはいきません。あとお金がない。
みなさん僕のサイト経由でアマゾンとかでなんか買ってください。

四つ目、

  • カナダの中でも比較的温暖な街だから

これはまぁ統計的に間違い無いんだろう、ただ寒がりなので僕は朝夕は結構厚着してます。昼間はかなり暑いですが。
あとアメリカほどカラッとしてなくて、時々異様に蒸し暑い日があります、とはいえ日本ほどではない。
ちなみに越して来て4週間ほどですがまだ雨は1日も降ってません。

バンクーバーにあって、ビクトリアにないもの

つらつらと書きましたが、ここからが本題です。
ビクトリアは小さな街というだけあって、結構不便なところもあります。
そこで、バンクーバーにあってビクトリアにないものを書き連ねてみようと思います。
何かしら、みなさんの留学の参考になればと思います。留学ブログっぽいぞ!

1.ディズニーストア

いきなり自分の趣味ですが、ビクトリアにはディズニーストアがありません。
というか、ビクトリアがあるバンクーバーアイランドにすらひとつもディズニーストアがありません。
(ビクトリアはバンクーバーアイランドにある一つの都市なのですが、バンクーバーはバンクーバーアイランドにはありません。ややこしいね)
飛行機で30分のバンクーバーは、イェールタウンに1店舗、バーナビーに1店舗、サレーに1店舗あります。

そのため、ディズニーグッズを買いたくなった場合トイザらスなどのおもちゃ屋、ウォルマートなどの大きいショッピングセンターに行くか、コミックショップに行くことになります。トイザらスやウォルマートはダウンタウンから歩いて行ける範囲にはありませんが、ビクトリアのダウンタウンには比較的コミックショップが多く、大人向けのギークな感じですがディズニーグッズも割とあります。とはいえコミックショップなのでアメコミやゲーム中心ですね。

2.鉄道

ビクトリアには鉄道がありません。普通はこっちを先に書くよな。
一応昔はあったので廃線跡は残っているのですが、基本的に貨物だけを運んでいたみたいです。
こちらでの移動方法は主にバスです。留学生はだいたいみんなバスを使ってます。片道どこまでいっても$2.50。定期は月$80くらいで乗り換え自由でどこへでもいけます。
僕はバス代が勿体無いので減価償却できそうな自転車を買いました。
自転車もかなり利用者が多く、どこにでも駐車できるように駐輪ポールみたいなのがあります。しかしホームレスが多いため盗難も多いです。
車もガンガン走ってますが、留学生でマイカーは現実的じゃないと思います。
ちなみに日本の免許証があれば国際運転免許証を日本で発行してもらうか、こっちでカナダの免許証に書き換えすれば運転できます。

3.ユニクロ、無印良品

世界に名だたる便利な2大ショップがビクトリアにはありません。
まぁアジアならともかく、北米ではそもそもかなり大きな都市にしかないのが普通なのですが。
ちなみにユニクロはバンクーバーにもまだないです。2017年秋にバーナビーにオープンします。
ビクトリアから一番近いユニクロは今の所シアトルなので国を超える必要があります。

無印良品はバーナビーのメトロタウンについ先日(8/26)オープンしたばかり。
ですがこの冬にもう1店舗オープン予定です。

服自体はいくらでも売っているし、いくらユニクロや無印が安いからといって、日本円→カナダドルに変わる過程で物価の都合上、商品価格が上がることも予想されます。
ですが、やっぱり素材的な部分でユニクロや無印はかなり強いと思います。

4.ダイソー

ビクトリアにはダイソーがありません。
ダイソーといってもおそらく100円均一ではないとおもいますが、バンクーバーのリッチモンドに1店舗あります。(ちなみにシアトルにはめっちゃある)
ダイソーの代替い店舗として約$1の商品を多く扱ってるダラーショップというのがいくつかありますが、店によっては結構大胆に$1〜20くらいまで価格差があります。平均$3くらい。しかもだいたい日本でなら100円で手に入るもの。
ダウンタウンのダラーショップでダイソーに売ってそうな収納の小さいカゴを見たら$6くらいしてひっくり返りそうになりました。ダウンタウンのダラーショップは比較的高いので、郊外の「Dollerama」というお店に行くのですが、自転車で行くと結構疲れます。あと、お茶碗とか味噌汁茶碗とか、お箸とかはあんまり安く手に入りません。いらんやろと思いつつ、ないと結構不便だったりします。

ビクトリアにあるもの

逆にビクトリアにあるもの(しらないけど多分バンクーバーにもある)ものをピックアップしていきます。
基本、僕視点で見つけて安心したものです。

1.GAP、FOREVER21、H&M

GAPはダウンタウンにひとつと、ちょっと離れたMayfairというモールに1店舗。FOREVER21とH&MはUptownという大きなショッピングモールにあります。Uptownはダウンタウンから結構距離がありますが、Walmartなどもあって便利です。

2.マクドナルド、バーガーキング、スターバックス

マクドナルドよりもバーガーキングやスタバの方がダウンタウンには店舗が多いです。マクドナルドは多分1店舗しかない、はず。
BKは2店舗、スタバはおそらく5〜6店舗あるかと思います。カナダ人のスタバ活用率の高さが窺い知れますね。

3.セブンイレブン

セブンイレブンも多くはないですがちゃんとあります。セブンイレブンはコーヒーが$1.15で買える上にアプリで会員登録すると7杯目無料のサービスがあったり、タイムサービスで割引があったりします。
ダウンタウンのいくつかの店舗ではカナダのお土産も売ってます。

まとめ

今回はバンクーバーにあってビクトリアにないものを中心に紹介しました。
ワーホリ先、留学先に迷ってる方の参考になれば、と思います。
ないものばかりないない書き連ねて来ましたが、僕はこのビクトリアの何にもないところが結構好きだったりします。
のーんびり散歩したり、サイクリングしたり、ランニングしたり。
ちょっと歩けば森みたいになってて野生の鹿と出会えたり、海に繋がってて船を見ながらぼーっとできたり、もはや老後のような生活を送れます 笑


ウィロウズビーチ。

これから仕事を探す上ではちょっと大変かもしれませんし、バンクーバーにまだ足を踏み入れたわけではないのでちゃんと比較してどうこう、っていうのがわかりませんが、こののんびり具合に出来る限りじっくり浸っていたいなと思っています。
来た当初はどうなるかと思いましたが、愛おしい街です、ビクトリア。

ランキング参加中です!
気に入った方はClickお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


Sponsored Link



















返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA