パスポートを作る!・・・はずが。

こんにちは、ALです!

海外に行こうと思ったら必須なものといえば、、、パスポートです!

以前作ったパスポートが2009年発行で、当時未成年だったため5年用しかつくれず、とっくに期限が切れていたんですね。

今日は仕事がおやすみなので、諸々の用事を済ませてからパスポートを作りにいこうと思いまして。
期限が切れているため戸籍謄本(もしくは戸籍抄本)が必要ということで市役所まで行ってきたんですけど。

Sponsored Link

戸籍がない!(冗談)

よくよく考えると僕の本籍って山口県なんですね 笑
ずっと関西に住んでるんですけど、生まれが山口なので。

住民票は現住所のある市役所で発行できるけど、戸籍はそうはいかず、、、
結局お散歩して帰ってきました 笑

パスポート作成はまた仕切り直しですねー。。。

こんなこともありますので、留学をお考えの方でパスポートの準備がまだの方はなるべく早めに作りましょうね!

一応、戸籍謄本は郵送でも発行してもらえるそうです。

パスポート作成に必要なものは?

とりあえず、パスポート作成に必要なものをまとめてみますので、初めての方は参考にしてみてください!

パスポート作成に必要なもの

  • 一般旅券発給申請書
  • 戸籍謄本または抄本
  • 写真(45×35mm)
  • 本人確認書類
  • 前回取得したパスポート
  • 住民票
  • 手数料 (10年 16,000円)

発給申請書は旅券事務所にあってその場で記入できます。
本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカード(通知カードはNG)、
保険証のような写真がない物は2つ必要な場合があります。
手数料は旅券事務所で収入証紙・収入印紙を購入することができるのでそれで支払います(受け取り時に必要)
写真は今スマホのアプリなどで証明写真が撮れたりしますが、画質が悪かったりするとダメみたいなので、お金をケチらずに撮ってきましょう 笑
あと前髪が目にかかってたりするとダメです!
以前パスポートを作ったとき「前髪が目にかかってるので入国審査で止められるかも」と言われました。
調べてみると、特にアメリカは厳しいみたいです。
(アジアくらいしか行ったことはありませんが、入国審査で止められたことはありませんでした)

こんな感じでしょうか
だらだらと書きましたが、パスポートがないと何も始まらないので、僕も早めに作ります!

今日はこのへんで!

関連記事

ランキング参加中です!
気に入った方はClickお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


Sponsored Link



















返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA